サラリーマン投資家見習いの目指せ株主優待生活

サラリーマンをしながら株式投資によって暮らしが少しでも豊かになるように頑張ります!目指せ株主優待生活♪

楽天証券


皆さんこんばんは。
サラリーマン投資家見習いです。

今日は楽天証券で貸株サービスによる入金がありました♪
金額としては微々たるものですが、貰えると嬉しいですね(*´Д`*)

そういうわけで今回は貸株サービスについて紹介します!

◇貸株サービスとは
貸株サービスとは端的に言えば自分の持っている株を証券会社に貸すことで、
貸株金利をもらうことができるサービスのことです。
※NISA預かりの株式ですと対象外ですのでお気をつけください。

◇貸株サービスのメリット
株式を証券会社に貸すだけで貸株金利をもらうことができます!
しかも最近の大手銀行の定期預金では0.01%くらいの金利しかもらえないのに、
貸株金利ですと1%以上の高金利がつく銘柄も多数存在します。

◇貸株サービスのデメリット
貸株サービスのデメリットとして下記のようなものが考えられます。
証券会社に株を貸している間にその証券会社がつぶれてしまうと貸した株が返ってこない可能性があります。それなので信用できる証券会社を利用することが大切です。
株主優待や配当の権利確定の際に、貸株の証券会社からの返却手続きを行っていないと権利を獲得できないです。しかし証券会社によってはあらかじめ選択をすることによって、株主優待の権利確定日に自動的に権利を獲得する優待権利自動取得サービス(※SBI証券)のような便利なサービスもあります。
貸株を行うことで株主優待の長期保有優遇を受けられない可能性があります。
私も何回か貸株サービスによって長期保有優遇を受け損ねました。・゚・(ノД`)

◇貸株サービスのやり方
貸株サービスを行っている証券会社で株を購入して、貸株サービスに申し込むことによって利用することができます。
この貸株サービスを行っているメジャーな証券会社ですとSBI証券や楽天証券などがあり、ちなみにこの2つの証券会社は実際に私も利用しております!
詳細に関しては各証券会社のページをご確認ください。

      にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
    にほんブログ村

皆さんこんばんは。
サラリーマン投資家見習いです。

先日ファーストブラザーズから株主優待のクオカードが届きました。
100株を1年以上保有するともらえる金額が2倍の2000円分になるのですが、
前回の権利獲得から一度も売らずに、引き続き今回も株主優待の権利を取得したのに
私の元に届いたのは1,000円分のクオカードでした(´;ω;`)

今回このようなことになってしまったのは、
私が貸株サービスを利用していたことが原因だと思います…

貸株サービスについて知らない人もいると思うので、
まずは貸株サービスについて簡単に紹介します。
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
◇貸株サービスとは
貸株サービスとは端的に言えば自分の持っている株を証券会社に貸すことで、
貸株金利をもらうことができるサービスのことです。
※NISA預かりの株式ですと対象外ですのでお気をつけください。

◇貸株サービスのメリット
株式を証券会社に貸すだけで貸株金利をもらうことができます!
しかも最近の大手銀行の定期預金では0.01%くらいの金利しかもらえないのに、
貸株金利ですと1%以上の高金利がつく銘柄も多数存在します。

◇貸株サービスのデメリット
貸株サービスの主なデメリットとして下記のようなものが考えられます。
 
①証券会社に株を貸している間にその証券会社がつぶれてしまうと
貸した株が返ってこない可能性があります。
それなので信用できる証券会社を利用することが大切です。
 
②株主優待や配当の権利確定の際に、貸株をしている証券会社からの
返却手続きを行っていないと権利を獲得できないです。
しかし証券会社によってはあらかじめ選択をすることによって、
株主優待の権利確定日に自動的に権利を獲得する「優待権利自動取得サービス」
のような便利なサービスもあります。
 
貸株を行うことで株主優待の長期保有優遇を受けられない可能性があります。
(今回私はこれをやらかしてしまいました(´;ω;`))

◇貸株サービスのやり方
貸株サービスを行っている証券会社で株を購入して、
貸株サービスに申し込むことによって利用することができます。
この貸株サービスを行っているメジャーな証券会社ですと、
SBI証券や楽天証券などがあり、この2つの証券会社は実際に私も利用しております!
詳細に関しては各証券会社のページをご確認ください。
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

優待権利自動取得サービスを利用していたので、
長期保有特典も問題なくもらえると思っていたのですが、
そこまでは対応していなかったみたいです(´Д⊂)

皆様も貸株サービスを利用する際には、
今回の私のようなミスをしないように、
適用条件や貸株サービスの詳細をしっかり確認の上、
十分にお気を付けください!

  にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
    にほんブログ村 

皆さんこんばんは。
サラリーマン投資家見習いです。

ちょっと情報は古いですが、楽天スーパーポイントで投資信託が購入できるようになりました!
私自身普段からネットショッピングではよく楽天市場 を利用しており、クレジットカードも楽天カードをメインで使っていたので、毎月結構なポイントが貯まっていました。
楽天ポイントの使い道に悩むときもあったのでこういったサービスが始まるとありがたいです。

今回は簡単にサービスの内容をまとめてみたので興味がある方は読んでみてください!

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
◆サービスの概要
楽天でのお買い物や楽天カードでの支払いで貯まった楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入することができます。(ポイントのみもしくは現金と合わせて購入が可能)
詳しい内容はこちらのページをご確認ください。
※期間限定ポイントや他ポイントから交換したポイントは利用できませんのでお気を付けください。
※楽天スーパーポイントの利用可能上限(30,000ポイント/1注文、100,000ポイント/1ヵ月)があります。

◆サービスのメリット
投資信託は最小で100円(100ポイント)から購入することができるので、あまりポイントを持っていなくても利用することができます。また、1円単位(1ポイント)で購入することができるのでポイントをきりよく使い切ることができます!
※投資信託の購入最小単位は銘柄によって異なります

◆おすすめな対象者
楽天市場 での買い物をよく利用する方
・楽天カードをよく利用する方
・今まで投資をしたことがない方
ポイントが貯まってもあまり使い道がなかった人には、投資信託をポイントで購入してそれを売却することで現金にすることもできますので使い道が広がります。
また、今まで興味は持っていても投資をすることに抵抗があった方でも、現金ではなく普段のお買い物などで発生したポイントのみで投資を始めることができるため、比較的抵抗なく始めることができると思います。また投資信託なら最小で100円の小額から始めることができるため投資デビューにはおすすめです♪

◆楽天ポイントの貯め方
楽天市場 でのお買い物では、アプリからの購入や楽天カードの利用、ポイントアップキャンペーンなどをしっかりと活用すれば楽天スーパーポイントは非常に貯まりやすいのでおすすめです♪
楽天カードをメインカードにすることで100円ごとに1ポイント貯まるので、街中でのお買い物でもポイントをザクザク貯めることができます。
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

是非この機会に楽天ポイントを利用して投資デビューをしてみてください!
   にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
    にほんブログ村

皆さんこんばんは。
サラリーマン投資家見習いです。

皆さん貸株サービスって聞いたことありますか?

株を買う際に株主優待や配当金はよく聞いたり気にしたりしますが、
貸株サービスはあまり聞いたことないですよね…
私も最近になってこの存在を知りました笑

今日はそんな貸株サービスについて少し書いてみます。

◇貸株サービスとは

貸株サービスとは端的に言えば自分の持っている株を証券会社に貸すことで、
貸株金利をもらうことができるサービスのことです。
※NISA預かりの株式ですと対象外ですのでお気をつけください。

◇貸株サービスのメリット
株式を証券会社に貸すだけで貸株金利をもらうことができます!
しかも最近の大手銀行の定期預金では0.01%くらいの金利しかもらえないのに、
貸株金利ですと1%以上の高金利がつく銘柄も多数存在します。

◇貸株サービスのデメリット
貸株サービスのデメリットとして下記のようなものが考えられます。
証券会社に株を貸している間にその証券会社がつぶれてしまうと貸した株が返ってこない可能性があります。それなので信用できる証券会社を利用することが大切です。
株主優待や配当の権利確定の際に、貸株の証券会社からの返却手続きを行っていないと権利を獲得できないです。しかし証券会社によってはあらかじめ選択をすることによって、株主優待の権利確定日に自動的に権利を獲得する優待権利自動取得サービス(※SBI証券)のような便利なサービスもあります。
貸株を行うことで株主優待の長期保有優遇を受けられない可能性があります。

◇貸株サービスのやり方
貸株サービスを行っている証券会社で株を購入して、貸株サービスに申し込むことによって利用することができます。
この貸株サービスを行っているメジャーな証券会社ですとSBI証券や楽天証券などがあり、ちなみにこの2つの証券会社は実際に私も利用しております!
詳細に関しては各証券会社のページをご確認ください。


貸株サービスを利用することで株主優待や配当金以外にも収益をあげることができますので、是非活用してみてください♪

皆さんこんにちは。
サラリーマン投資家見習いです。

雑誌のおすすめな株主優待特集を見たりして
株主優待には興味があるけどいまいちよくわからない(´;ω;`)

今回はそんな人のために簡単にですが株主優待のもらい方についてまとめてみました。
株主優待に興味がある方は是非参考にしてみてください!

◇株主優待とは…
株主優待とは企業が自社の株式を買ってもらうためにつけるおまけのようなものです。株主優待の内容としては自社の商品や割引券、クオカードなどがあり、企業によって様々な種類があります。また、株主優待がもらえる頻度も年に1回や2回など企業によって異なります。
※すべての上場企業が実施しているわけではないです。
株主優待を探すのに私はよくヤフーファイナンスを利用しています♪

◇株主優待をもらうには…

株主優待をもらうためには権利確定日に株主名簿に名前が載っている必要があります。
しかし株主名簿に載るには3営業日かかるので権利確定日に株を買っても株主優待の権利を獲得することはできません。それなので株主優待のもらえる権利を獲得するためには、権利確定日の3営業日前の権利付き最終日までに株を買う必要があります。権利付き最終日の翌日(権利落ち日)には株を売っても株主優待のもらえる権利は無くなりませんが、株主優待の権利だけを獲得しようとする人が多くいるため権利落ち日には株価は下がりやすいのでお気をつけください!それなのでもし株主優待が欲しい場合には、権利付き最終日間近のギリギリになってから購入するのではなく、1か月前ぐらいには購入しておくと下落のリスクが抑えられると思います。
※株主優待の内容が良い企業は、特に権利落ち日に下落する幅が大きい可能性が高いのでお気を付けください。

◇用語解説
権利付き最終日(権利確定日の3営業日前)
 この日までに株を買って持っていると株主優待のもらえる権利が発生する日です。
 ■例 2017年10月の権利付き最終日は10月26日(木)です。(※権利確定日が月末の場合)
権利落ち日(権利付き最終日の翌日)
 この日に株を買っても権利はもらえないです。
 逆にこの日に株を売ってしまっても株主優待のもらえる権利はなくならないです。
 ■例 2017年10月の権利落ち日は10月27日(金)です。(※権利確定日が月末の場合)
権利確定日(基本的には月末※企業によって異なります。)
 株主の権利を獲得するためにはこの日の株主名簿に載る必要があります。
 株主名簿に載るには3営業日かかるためこの日に株を買っても権利を獲得することはできません。

◇おすすめの証券会社
証券会社によって株式を購入する際の手数料が異なります。また提供しているサービスも証券会社によって様々です。それなので自分にあった証券会社を選ぶ必要があります。数ある証券会社の中で株主優待の権利を獲得するにあたって、私のおすすめの証券会社はSBI証券と楽天証券です!この2つの証券会社は取引の手数料も比較的安く、また株式に関する有益な情報も数多く手に入れることができるのでおすすめです♪

是非皆さんもお気に入りの銘柄を見つけて株主優待をGETしてみてください♪

↑このページのトップヘ